top of page

​補助金コラム(詳細)

2023-01-15

【補助金コラム】結構タイト⁉事業承継・引継ぎ補助金8次公募のスケジュールに要注意!

みなさん、こんにちは!


今回のコラムでは、国の補助金の中で新年1番目、

1月9日に公募発表があった「事業承継・引継ぎ補助金」についてお伝えいたします!


この事業承継・引継ぎ補助金は、今回で8回目の公募になり、

毎年定期的に公募がある国の補助金のなかでも注目度の高い補助金の1つです。


この補助金は、その名の通り、

「事業承継などを契機に経営革新などを行う中小企業・小規模事業者」をサポートするのが目的で、

その取組内容や経費の種類に応じて、

「経営革新枠」「専門家活用枠」「廃業・再チャレンジ枠」という3つの事業枠から選んで申請することができます。

さらに、経営革新枠は「創業支援類型」「経営者交代類型」「M&A類型」の3類型、

専門家活用は「買い手支援類型」「売り手支援類型」の2類型に分類されています。


詳しくは、各枠の公募要領をチェックしてみましょう。

 【全体 パンフレット】⇒https://jsh.go.jp/r5h/assets/pdf/08/pamphlet.pdf

 【経営革新枠 公募要領】https://jsh.go.jp/r5h/assets/pdf/08/requirements_business.pdf

【専門家活用枠 公募要領】https://jsh.go.jp/r5h/assets/pdf/08/requirements_experts.pdf

  【廃業・再チャレンジ枠 公募要領】https://jsh.go.jp/r5h/assets/pdf/08/requirements_challenge.pdf


さて、そんな魅力的な事業承継・引継ぎ補助金。

補助額や補助率、補助対象経費などは上記資料を見ていただければと思いますが・・・

今回注目するのはスケジュール(下図参照)


これがなかなかタイトな日程になっています。。

  交付申請期間:1/9(開始)~ 2/16(締切)

前回は2ヶ月以上あった申請期間が今回は1ヶ月ちょっと・・・

事業再構築補助金やものづくり補助金ほどではないにしても、

申請にはしっかりとした準備が必要なので、

例年よりも申請できる事業者は少なめになるかもしれませんね。。


あと、地味に気をつけないといけないのが補助事業期間

こちらも6ヶ月程度しかないので、

行う事業によっては結構ハラハラさせられるスケジュールになると思います。。


しかしながら、最近では採択率も60%を超える回も多く、

とっても魅力的な補助金であることは間違いありません!

(今回間に合わなくても次回以降チャンスはしっかりありますしね)


2019年9月17日~2024年9月16日の期間で、
事業承継などを経験または予定している事業者の方は、
ぜひお気軽に「補助金WIN!」までお問い合わせください!

※事業内容やお問い合わせ時期によっては、

 今回の8次申請の支援をお受けできない場合もございますので予めご了承ください。



補助金WIN!では着手金0円!

完全成功報酬型で安心してご依頼いただけます!

はつらつとする男性

\あなたにピッタリな補助金見つけましょう/

書類や筆記用具

​今すぐ補助金WIN!に相談する理由

今じゃないとダメ?

​補助金申請には期日があります!

補助金には申請期限があります。あなたの会社にピッタリな補助金がもしかしたら申請期日間際の可能性もあり、じっくり考えて頂いている間に終わってしまうのは勿体ない。補助金WIN!は相談無料、国の事業に関わるものですので、当社は一切ごり押しや営業勧誘活動は行えません。お客様のご意思の下にお手伝いするため、お客様のやる気がないと申請も獲得も難しいものとなります。

指を差す男性
ふき出し

じっくり考えていただたくのは補助金WIN!にご相談

いただいてからで大丈夫!

三角形

​お願いしたい気持ちはあるけど、今すぐ決められない・・・

​そんな方でも・・・

まずは無料相談をオススメします!

​あなたの会社にピッタリな[補助金]見つけてみませんか?

補助金WINの無料通話案内をする男性と女性
電話の受話器のアイコン

​平日10:00〜17:00(無料通話)

​補助金申請に関するご相談・ご質問はお気軽に

お電話でのお問い合わせ

0120-399-121

(平日10:00−17:00)

電話の受話器のアイコン素材

​フォームで申し込み

bottom of page